こっけのあちらこちらのこと

こっけです。自分の言いたい事を"うまく"伝えるために始めてみました。

バンドやってるなーって感じ

ご無沙汰ですー すんません 筆不精で。

というわけでこっけんろーる絶賛関西ツアー中です。今日は初日@京都MOJOでした。

f:id:kokkekke:20151006020915j:image
f:id:kokkekke:20151006020924j:image

なんというか、すごく"バンドやってる"なーって感じがとても楽しいです。当たり前なんだけどさ、バンドやってんだ、こっけ。

高速乗って(こっけは免許持ってない)音楽聴きながら色んな話しながら、いわゆるバンドワゴン(かっきーの家の乗用車ですが)ですね。

このツアー終わったら、すげえバンドになってるっていう感じ。ビンビンです。

MOJOのライブはとりあえずめちゃめちゃ良かった。自分が今までに感じた高揚感とはまた別の高まる感じ。最高でした。

何よりも、僕らを待ってる人が、目の前にいるってのが何よりも。グッとくる。

f:id:kokkekke:20151006021704j:image

7年ぶりに会った大臣ズの加藤の弟ヒロタカ。
大学生の時に広島の加藤の実家で会った時は反抗期の高校生でした。まさか、次会う時が対バン(Theギフトマンズというバンド)だなんてな。素敵すぎるぜ。

というわけでツアーはまだまだ続きます。
明日は神戸太陽と虎。
撃鉄 ジョージさんの紹介でぶっこんでもらいました。頑張ります。

おやすなさいー


こっけ

小さい頃からラーメンが好きだった。

記憶にある一番最初のラーメンは、地元東京都日野市旭が丘にある、あー店の名前はなんだったっけか、ラーメン大王的な名前の、個人店。毎週金曜日に家族でそこにいくのが習慣だったような、小学2年生とかかな。

もっぱらネギラーメン。
白髪ネギの上に甘辛いタレがかかってる。
いわゆる"中華そば系"のやつ。あー思い出す。ボロボロの外装。野球中継。脂まみれの週刊誌。いま食べたらおいしいとか感じないかもだけど、一生ナンバーワン。

中学2年。同じバスケ部だった遠藤君と部活終わり。僕らふたりだけ家が遠かったから自転車で(ダメなんだけど)一緒に帰ってて、その帰りにたまに行く(ダメなんだけど)ラーメン屋。武富屋。いわゆる"中華そば系"です。ばん。

f:id:kokkekke:20150909023032j:image(食べログより引用)
こないだも実家に帰った時に寄りました。八王子系です。これは上手い。日野市にあるJR豊田駅徒歩5分くらい。何にもない駅だし一生降りなくても人生になんの影響もない駅ですが、もし降りたなら寄ってね。美味しいよ。

高校3年生。大学受験終わって人生初バイト。小さい頃から憧れていたラーメン屋でのバイト。ここが初めてのバイトでよかったと、今でも思う。"ぼんくら" 最高の店。
ずっと日野のめちゃめちゃ行きにくいところ(愛を込めて)にあって、地元帰れば絶対寄ってたんだけど今は新川崎に移動。この前移動してから初めて行った。相変わらず店長はぶすっとしてて、でも優しくて愛がある味。そのままでした。ユニコーン世代の店長と有線のすばらしい日々を口ずさんだことを今思い出した。

f:id:kokkekke:20150909024521j:image(Google画像検索より)

これ多分日野にあった時の写真だ。黒塗りのカウンター。何度も拭いたあのテーブルだ。近くに訪れた方はぜひ。ぼんくら麺 を食べよう。

ここまで来て、そもそもなんでこのラーメンの話を書き出したのか、全然思い出せなくなってしまった。というよりかどんどん話したいラーメン屋の話が溢れてきてしまった。笑 でも話の終着地点は見えてる。大丈夫。給料入ったらすぐ行く。絶対。早く会いたい。

f:id:kokkekke:20150909025223p:image

これ。下北沢の"一龍"です。
思い出した。これが食べたいって話をしたかっただけだった。ただそれだけの話のネタを、ブログに書くために、膨らませただけだった。一龍。そうそれだけだ。説明不要!食べたい。

それぞれのソウル麺があると思います。
味だけではない、
最高の追加トッピング"思い出"と共に。

それでは皆様、Have a nice 麺!

風にのって

例えばこの歌が
でっかい海を越えて
知らないあの子に届いたとして
例えばこの歌が
時間の流れを越えて
知らないあの子に届いたとして

風にのって 飛んでいけ
それに乗って 飛んでいく
まだ会ったことのない ぼくの友達

例えばそこの君と
肌の色を越えて
熱く抱き合ったとして
例えばそこの君と
踊る夜を越えて
固く契りあったとして

風にのって 飛んでいけ
それに乗って 飛んでいく
まだ会ったことのない 君のこと知っている

サンキューとまた会おう
さよならするのは辛いけど
サンキューでやっと会える
風にのって 飛んでいく



とーほく

やはり、続かない。
まあバタバタしてたってのはあるわけだが、
実に続かない。この性格。

でも気張らない。
気張ると、余計に続かない。
どうかこのブログがだらだら続きますように。

というわけでご無沙汰してます。

先週は仙台と福島にバンドで行ってきました。
仙台はバンドで行くのは初めて。
一人で行くのとは全然違うね、やっぱり。
一人で食べる牛タンよりね、みんなで食べた方がね。ちなみにこっけは仙台=牛タンっていう感じは一切なくて、東京でも食えちゃうじゃん的な感じだけど。でも国分町の太助本店には行きたくて行きます。小学校2年生の頃に行ったというOMOIDE HOSEIもありますが。

仙台FLYING SONは2012年の夏に一度だけ弾き語りで出演した以来でした。その時はこっけはまだ【うすしお】というバンドのボーカルでした。勃発のケイタと出会ったのもそこが初めてだったかな。
f:id:kokkekke:20150815012002j:image
ちょうどまる3年、変わっていく街、変わらない人、変わらない街、変わっていく人。

すごくいい一日でした。

はるのひかり音楽祭 も、去年の夏に出させてもらった。こらっ太。たくさん笑った。(ラップね、ここ。)お世話になってます。すごくいいイベント。お客さんが素晴らしい。
自分の好きなバンド(見に来たバンド)以外へのアンテナの張り方が素晴らしい。なかなかできることじゃないよ。最高。

その日は打ち上げもソコソコに、車で郡山に向かいました。まねきの湯。超アナーキースーパー銭湯。まじでロックしてるお風呂屋さん。ライブしてるからね、ひとりぼっち秀吉BANDとかラヂカセとかね。いつかは僕らも。

こっけは自他共に認めるまねきの湯マスターなので、最高に寝やすいポジションを確保して朝までナイスドリーミン。みんなで寝る前にパックしました。白塗り。

f:id:kokkekke:20150815012803j:image

起きて向かうは猪苗代ヒライテルFES。
このフェス、ぼくらは3年連続で出させてもらってます。夏の恒例イベント。

毎年毎年、どんどん良くなっていくヒライテルFES。スタッフの顔が、プロになっていく。何様だと言われるかもしれないけど、そんな印象でした。ほんとに最高だった。ありがとう。

f:id:kokkekke:20150815015159j:image
f:id:kokkekke:20150815015225j:image
f:id:kokkekke:20150815015238j:image

じいちゃんばあちゃんが、青森と盛岡に住んでることもあって、こっけの夏休みはだいたい東北にあるんです。車ん中で井上陽水奥田民生聞いてPUFFYを姉ちゃんと歌ってハモって、そんなところに音楽のルーツがある気もしてて。
でも今は音楽をやりに東北に行ってて、待っててくれる人がいて、会いたい人がいる。
まだこっけは音楽だけでご飯を食べているわけではないけど、ほんとにこれ、天職だと思っている。そうなりたい。ほんとに。こっけの歌を待っている人に、歌を歌いに行くのが仕事になるなんて最高すぎる。頑張るね。待っててね。

仙台に行く道の途中で、放射線量がパネルで表示されてる区域があって、忘れてたわけではないけど、まだまだそういうのは残っているわけだ。何が出来るか分からないけど、呼ばれたら歌いに行けるってのは、いいなと。呼んでくれ。名前呼んでくれ。歌ってておくれ。下手くそでもいいから。

夏はまだまだ終わらない。
夜の涼しさが寂しく感じたりしますが、
これからですね。焦がし残しがない様に!
日焼けの分だけ、思い出が増えていく。

みなさま、良き夏を。

よゆう

いつだって大切なのは"余裕"だよね。

心の余裕
お金の余裕
時間の余裕

余裕のある人はかっこいい。

??『今月厳しくて。。。』
??『おれ余裕あるからおごるよ。』

とか、

??『ほんと最近時間なくてさー』
??『時間ってさ、作るもんだよね。』

とかね。

余裕がある人って、発言のたびに、
いい感じで風吹くっていうか、髪がなびくっていうか、まるちゃんの花輪くんみたいなさ。ああいう感じ。

そういう私は、余裕があるかないかって言ったら、ない方です。赤裸々。

最近周りの友達が結婚したんですが(割とそういうのが増えてくる年齢になってきました。)
出し物とか二次会のビデオ収録とかに誘われることも多いんだけど、仕事とかライブとかで参加できないこと多いのね。

今回も、もちろん式も含めて、参加できなかったわけ。

久しぶりに会う友達って、大体、
①同窓会
②結婚式
③ライブ(来てくれてありがとう)
なんだけど、

まあこの歳になると、みんなバリバリ仕事してるから、ライブにもあんまり来れなくなるから、会えなくなるんですよ。

その結婚式で流れたムービーが送られて来たんだけど、まあほぼ同窓会なわけで。見るとさ、そりゃさ、寂しいわけよ。

あー久しぶりに顔みたけど変わんねえなー
とか
こいつ誰だっけ(正直に)
とかさ、あるわけよ。

そうなるとさ、
そういうとこに参加できたらなーって思うの。

とても幸せなことに、こっけは"人に恵まれて"生きてきたから、色々大切にしたい繋がりがたくさんあるのよ。
でもそれをぜーんぶ"大切"にするのって難しいんです。なかなか。こっけは一人しかいないし、身体はひとつしかないからね。

飲み行こうよ!
海行こうよ!
ライブ見に来てよ!
結婚式で歌ってよ!
ライブ出て下さいよ!

とか、ほんとは全部やりたいんだけどさ!
できないのね!ちきしょう!

書いてて思ったけど、
これは余裕とは別の話かもね。笑

とにかく何が言いたいかって、
余裕のある男になりたいねって話。

どんだけ忙しくても、
給料日前で金なくても、
『いえーい!さいこー!』

って言える男でありたいよね。

そんでみんなもその余裕わけあって、
楽しい日々もわけあって、
ハッピーに過ごそうぜ。



初めての投稿が、まじでまとまんなくてすんません。長い目で見て下さい。笑


こっけ

というわけで、

ブログを始めようと思ったんです。

きっかけはいくつかあったんですが、自分の話すこととか、モノを書くこととか、それこそ歌を作るにあたって、おもしろく表現出来るようになりたいなぁと思ったので始めてみました。

あと、こっけ個人として、思ってることとか、書けるといいなーと。それも理由の一つとしてあります。

果たしてみなさまに面白がってもらえるかどうか、自信は正直ないんですが、
飯食いながらとか、電車待ちながらとか、ちょっと空いた3分間くらいを使っていただければ幸いでございます。

タイトルは “Here There Everywhere” です。
とても好きな曲のタイトルを日本語で。

更新は不定期にはなりますが、
なるべくダラダラと続けていこうかと思いますので、寛大な方はお付き合いよろしくお願いします。

台風、お気を付けて。

こっけ