読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こっけのあちらこちらのこと

こっけです。自分の言いたい事を"うまく"伝えるために始めてみました。

小さい頃からラーメンが好きだった。

記憶にある一番最初のラーメンは、地元東京都日野市旭が丘にある、あー店の名前はなんだったっけか、ラーメン大王的な名前の、個人店。毎週金曜日に家族でそこにいくのが習慣だったような、小学2年生とかかな。

もっぱらネギラーメン。
白髪ネギの上に甘辛いタレがかかってる。
いわゆる"中華そば系"のやつ。あー思い出す。ボロボロの外装。野球中継。脂まみれの週刊誌。いま食べたらおいしいとか感じないかもだけど、一生ナンバーワン。

中学2年。同じバスケ部だった遠藤君と部活終わり。僕らふたりだけ家が遠かったから自転車で(ダメなんだけど)一緒に帰ってて、その帰りにたまに行く(ダメなんだけど)ラーメン屋。武富屋。いわゆる"中華そば系"です。ばん。

f:id:kokkekke:20150909023032j:image(食べログより引用)
こないだも実家に帰った時に寄りました。八王子系です。これは上手い。日野市にあるJR豊田駅徒歩5分くらい。何にもない駅だし一生降りなくても人生になんの影響もない駅ですが、もし降りたなら寄ってね。美味しいよ。

高校3年生。大学受験終わって人生初バイト。小さい頃から憧れていたラーメン屋でのバイト。ここが初めてのバイトでよかったと、今でも思う。"ぼんくら" 最高の店。
ずっと日野のめちゃめちゃ行きにくいところ(愛を込めて)にあって、地元帰れば絶対寄ってたんだけど今は新川崎に移動。この前移動してから初めて行った。相変わらず店長はぶすっとしてて、でも優しくて愛がある味。そのままでした。ユニコーン世代の店長と有線のすばらしい日々を口ずさんだことを今思い出した。

f:id:kokkekke:20150909024521j:image(Google画像検索より)

これ多分日野にあった時の写真だ。黒塗りのカウンター。何度も拭いたあのテーブルだ。近くに訪れた方はぜひ。ぼんくら麺 を食べよう。

ここまで来て、そもそもなんでこのラーメンの話を書き出したのか、全然思い出せなくなってしまった。というよりかどんどん話したいラーメン屋の話が溢れてきてしまった。笑 でも話の終着地点は見えてる。大丈夫。給料入ったらすぐ行く。絶対。早く会いたい。

f:id:kokkekke:20150909025223p:image

これ。下北沢の"一龍"です。
思い出した。これが食べたいって話をしたかっただけだった。ただそれだけの話のネタを、ブログに書くために、膨らませただけだった。一龍。そうそれだけだ。説明不要!食べたい。

それぞれのソウル麺があると思います。
味だけではない、
最高の追加トッピング"思い出"と共に。

それでは皆様、Have a nice 麺!