こっけのあちらこちらのこと

こっけです。自分の言いたい事を"うまく"伝えるために始めてみました。

🇹🇭タイツアー④

帰って来てから10日以上経ってしまった。

はやくこれ終わらせないと次に進めない。

 

7日目

最後のライブ。SWEAT ROCKという場所でNew Old Stockというイベントに出演させてもらう僕ら。タイの飯にもだいぶ慣れてきた。会場に用意されたガパオ食って、リハーサル。

f:id:kokkekke:20170616164512j:image

会場はスーパー金持ちのオーナーのレストラン形式のところ。オーナーがドラム(趣味)をやるんだけど、ドラムがすごく高い位置にあるステージだった。

f:id:kokkekke:20170616164403j:image

リハ終わってからそのまま本番まで会場にステイ。そしたら恒例のスコール降ってくる。

タイでの雨の事情(水はけの悪さ)は結構深刻で、車文化のタイでは、スコールが降ると渋滞する。渋滞すると、イベントへの影響がかなりある。案の定、この日予定されていた演奏以外のブース、ビンテージ物の車の展示やファッション関連のものはキャンセルになってしまった。Drive達は結構くらってた。俺らにはそういう素ぶり見せなかったけど。

とはいえイベントは決行なので、客入りはまばらのままスタートした。一番手はジンだった。

時間になってもなかなかジンのライブが始まらない。タイに来てからそういうこと何回かあったから慣れて来てはいたけど、なんか、変な雰囲気だった。

いよいよ始まる時間に!と思ったら、オーナーが出て来てご自慢のドラムセットでバカスカ叩き始めた。なんだこれ。ジンは目の前でセッティングしてるのに。なんだこれ。って、なった。なるほど、金持ちのオーナーってのは、そういうことか。

もちろん呼んでもらってる立場だしGOODERSの面子もあるし、すごく複雑な感情になった。ジンのライブが始まった。

 

今までで見た中で一番いいライブだった。"俺こういうシチュエーションの方が燃えるから"と言っていたのは、まんざらでもなかった。ジンの次は俺だった。

今までそんなことなかったのに、ジンが、英語で"次に出てくるこっけってやつはマジやばいからチェックしとけ!"的なニュアンスで紹介してくれた。素直にグッと来てしまった。

 

ほんで俺の番。

正直、今日でこのメンツで過ごしてきたこと、思い出して、胸が詰まって、上手く歌えなかった。でも我慢した。歌ってる間に、気持ちが溢れかけたけど、我慢した。GOODERSのみんなもそうだし、みんなの顔見えたけど、俺の顔は見えてたかな。バレないようにはしたつもり。

 

ライブ終わって、U BEER取りにいって!そこまでは大丈夫だったんだけど、 おつかれー!って乾杯して、めっちゃよかったよー!って言われた瞬間に、溢れ出してしまった。終わりたくねえー、もっとこのままでいてえー、終わらないでくれえー、って。もうほんと、バカバカ泣いた。んでみんなもつられて泣いた。まだ俺とジンしかライブ終わってないのに。なんだよこれ、アラサーのおっさん達が、こんなにビャアビャア泣いて、なんなんだよ、最高だよ。

 

他のみんなのライブも、最高だった。正直言うとそんなに覚えてないけど、この日の写真が全然ないってのは、そういうことだったんだと思う。楽しすぎた。ハッピーだった。天国よりもいいところだった。天国いったことないけど。でも、天国よりもいいところだった。

 

みんなのライブ終わって、燃え尽きかけてる気持ちにもっかい火をつけて片付けて、ハウスに移動。ハウスでもやはりエモい。みんなエモい。お別れの気配が、気配だけだったものが、形として、目の前に迫ってきていた。この日もやっぱり、ビール飲んで寝た。

 

8日目。

みんなでお土産買いにショッピングモールいったりして、空港に向かう直前のハウスにて。

3日目くらいから、俺ら日本チームの中で、どうやってこの感謝の気持ちを伝えようってなって、色々考えた。日本食を作ってご馳走しようとか、色々。んでたどり着いたのが、寄せ書きだった。

f:id:kokkekke:20170616171339j:image

f:id:kokkekke:20170616171346j:image

ジンに似顔絵描いてもらって、その周りにみんなで寄せ書き。最終日の朝。みんなにも伝えたけど、こういうの、嫌がる人いるじゃない?けどこの瞬間に誰もそういうの嫌がる人がいなかった。タイ語で書いたり、英語で書いたり、日本語で書いたり。この瞬間にやっぱりこのメンツでツアー回れてよかったと本当に思った。

 

みんなで渡した。色紙。喜んでくれた。でもGOODERS達は、『どっちがどんだけしてくれたからどう!とかじゃなくて、シンプルにこの関係続けたいよね』って言ってくれた。返す、返さないとか、そういう話ではなくて、今、その瞬間にどう思って、何が大切なのか、僕らは知っている。でも気持ちが収まらない。それをみんな気付いていた。空港に着いても、全然帰らない日本の僕らの振る舞いは、どの日本人よりも、別れを惜しんでいた。

f:id:kokkekke:20170618011243j:image

 

そうして、みんなは帰国。おれは延長3日間。

f:id:kokkekke:20170618011346j:imagef:id:kokkekke:20170618011401j:image

象乗ったり、飛び込みでライブさせてもらったり。もうこっからは観光っぽくなっちゃうからアレなんだけど。

 

タイから帰って来て10日以上経っても、やっぱりあの体験はほんとうに何にも代え難いものだったと思う。

 

それでも日々は続いていく。今日は音の旅crewのレコ発で下北沢ERAにいる。そこで話すのはタイの話だったりする。途切れさせたくない。続けていかなきゃ。僕らは、コレを、ちゃんと続けていかないといけない。このメンツで集まれば話せる、じゃなくて、この気持ちを、シェアできる人が、増えればいいな。

 

とにかく続けよう。僕らは続けよう。終わりがあっても見て見ぬフリして、続けよう。それだけさ。

 

強引だけど、終わり!タイの話はいったん終わり!!またね!!

 

f:id:kokkekke:20170618012141j:image

 

🇹🇭タイツアー③

日々は続いている。生きているから。日々は更新されていく。新しいことが次々おこる。思い出は変わらない。でもどんどん忘れていく。はやく終わらせなきゃ。

 

5日目。

この日のイベントをきっかけに僕らはタイにお呼ばれすることとなった。NIPPON CONCERT。シンハービール社の新作"U BEER"のプロモーションを兼ねたライブイベント。GOODERSの初めてのでかい仕事。この日までにしてもらったこと、返すにはもうここでガツンとやらんとな、とそんな空気が、言わずともそこにあった。

f:id:kokkekke:20170609163312j:image

バンコクのライブハウスでは一番でかいParking Toys。ビールがたくさん運ばれて着物を着たキャンペーンガールがおめかしをしたり、色々してたら気づけばイベントが始まる時間だった。

俺の出番は2番目だった。客入りはぼちぼち。これからどんどん増えていくか、といったとこ。関係なかった。何人いても良かった。いなくても良かった。いやいなくて良かった訳はないんだけど、そんくらいのあれだ。

すごく気持ちよく歌えた。声がどんどん遠くまで飛んで行く感じ。気持ちいいんだな、これが。

f:id:kokkekke:20170609164123j:image

f:id:kokkekke:20170609164150j:image

正直、日本語で歌ってるし、日本語分からない人にどんだけ伝わるかってのは、今の時点でも分からないけど、嬉しいことがあった。

f:id:kokkekke:20170609164313j:image

イベントが終りかけてた頃に声をかけてくれた左の男性。右が彼の彼女で日本人。メロディーが好きだといってくれた。なんて言ってるか分からないけど、また今日もあの子と〜が好きだって言ってくれた。うすしおのCDをビールと交換した。それだけで来てよかったと、いやすでに来てよかったと思ってたんだけど、報われたというか、そんな感じ。とにかく嬉しかった。

みんないいライブだった。PENNY TIMEというタイのバンド、好みだった。下北沢の最近の流れっぽい感じで。

この日の打ち上げで、ハウスで、みんなで、改めて乾杯した。最高のチームだ。

 

6日目。

この日はバンコクで一番有名な楽器屋でインタビューやライブ配信をしました。ISETANと併設されてるショッピングモールの中の楽器屋だった。

f:id:kokkekke:20170611113339j:image

GibsonFenderのギターが中心で、この中から好きなの選んで演奏に使ってくれということで、一番渋い感じのやつを選んだんだけど、それはピックアップ付いてないからダメだと言われて、代えた。代えたやつは、いい音だった。Gibson欲しいー。

ほんで飯食って、有名なカオサン通りという、いわゆる繁華街ストリートに繰り出すことに。

f:id:kokkekke:20170611113738j:image

観光地ってのはあんましおもろくないんだよなー。まあそういうところの楽しみ方みたいなのはあるんだろうけども。みんなマッサージしたいと思ったら大間違いだぞ!

お別れの気配を、うすらうすら感じながら帰宅して最後のライブに備える僕ら。

 

7日目。

最後の最後のライブ。

 

だめだ、続く!!!笑

④で終わらせるぞー。

🇹🇭タイツアー②

昨日は空港からそのまま下北沢に出勤。からの下北沢に新しく出来たライブハウス"近松"へお祝いの挨拶に。そのまま渋谷LUSHのアニバーサリーパーティでかたしょとDJ。ちゃんぽんして二日酔い。日本に戻ってきた感じ。

 

 

 

タイの話に戻る。

2日目。

そのままHua-Hinのホテルに泊まって移動開始。結構時間にはルーズ、というか気にしすぎない感じ。やりやすかった。笑

f:id:kokkekke:20170602223029j:image

(吉田と朝飯食った写真)

Bangkokに戻ってParking Toysというライブハウスに到着。この日はライブはなかったんだけど、The Driversがライブだったのでそれを見ていくことにした。みんなでビリヤードしたり、楽しかったなー。

f:id:kokkekke:20170602223254j:image

ライブ終わって打ち上げ会場に移動。床屋とバーが併設されているところ。つまりはBarber Bar。ここしかない!という勢いで髪を切ることを決意。怖かったけど、まあ髪型なんて慣れでしょ!ということで。(慣れるのに時間かかったけど)

f:id:kokkekke:20170602223702j:image

f:id:kokkekke:20170602231435j:image

ほんでレストランに移動して飯食って、そこから宿泊先へ移動。air b'n'bなんだけど、すげえいい家だった。3階建。10人での共同生活が始まった。終わって見て分かったけど、この共同生活ってのが、ぼくらのグルーブを確実に高めてた。楽しかった。俺はONTCのグロ君と6日間同じベッドで寝たよ♡

f:id:kokkekke:20170602231528j:image

 

3日目

起きてタイのベトナム料理屋で昼飯。そのままインディーズを扱ってくれるCDショップへ僕らのCDを置いてくれるようにお願いする、いわゆる挨拶周りみたいなのをした。

f:id:kokkekke:20170602224616j:image

f:id:kokkekke:20170602231419j:image

俺の音源としてあるのがうすしおのCDのみだったので、タイでうすしおのCD買えます。笑

2軒目のレコ屋でレコードも買っちゃった。たぶん日本で買うより安い。かなり。おそらく。

f:id:kokkekke:20170602225341j:image

ほんでDriveんちに移動してBBQパーティ。合間合間に5/24のライブのプロモーションのためのインタビューを受けて。アコギ取り出したら最後、ほらパーティは終わらねえ。日本語英語タイ語で下ネタソングで盛り上がる。下ネタは世界を救う。普通に作りかけの曲とかの相談をみんなでしたのもよかったなー。ほんで帰宅。この日グロ君はベッドから自ら降りて、ずっと床で寝てました。色々心配になりましたが、無事に朝を迎えました。

 

4日目

f:id:kokkekke:20170602230158j:image

この日はプロモーション用のライブ映像の撮影。バンドだけだったから俺とジンは無かったけど、タイのスタジオ(結構いいリハスタ)を見れたのは良かったなー。置いてあるアンプもめっちゃ良かった。風のギターの音がめちゃくちゃかっこよかった。まあ風に関してはいつでもかっけえ音出すんだけど。みんなが撮影してる間に新曲を完成に持ち込む。うん、いい感じ。

ほんで移動して飯。食ってからライブ会場12×12(twelve by twelve)に移動。なんかめっちゃパーティーカーで移動。ウーハー。EDMかけた。

f:id:kokkekke:20170602230711j:image

 12×12はオーナーの人が日本の方で、店の隣にも日本の方がやっているバー兼ゲストハウスみたいなのもあった。海外で日本人に会うと安心する、反面、なんか萎えてしまう部分もある。夢から覚めるというか、そういう感じ。でもやっぱりサッポロ生ビールは美味かった。

f:id:kokkekke:20170602231354j:image

俺の写真はなかったのでジンのライブ。ジンは2年前くらいにタイで音楽活動してて、その時に初めてライブしたのが12×12だったそうな。良き話。

下北沢で知り合ったジンさん(タイに9年くらい住んでる元バンドマン/現タイと日本のバンドを斡旋する仕事の方)ともここで再会できた。来てくれてありがとうございました。

 

この日は早めに帰宅。ハウスでコンビニご飯を買って早めに就寝。翌日が一番おっきなライブをNIPPON CONCERTということで。

 

物語はいよいよ5日目へ突入!

続く!

f:id:kokkekke:20170602232939j:image

🇹🇭タイツアー①

ただいま日本。

というわけで長かったタイツアーから帰国しましたちょうど今なう。まず一番最初に感動したのはやはりトイレだね。日本のトイレ文化は世界トップレベル!ありがとう!TOTO

 

5/20〜5/31までタイにいたのですごく長くなりそうですが、振り返りスタイルで、ツラツラと書いていきますね。ダラダラスタイルで。自分の記憶の整理のためでもあるんで。んで最後に総括出来ればと。

 

1日目

出勤後から朝まで飲んでてそのまま始発で成田空港に向かう。成田エクスプレス、素晴らしい。空港についてチェックイン。集合時間に誰も間に合ってない。なるほど、俺がしっかりしなければこのツアーは崩壊するな、とここで一度思う。

ONTCとwalkingsと集団パラリラ(以後ジン)と合流。チェックインを終えて色々パスしてったらあっという間に出発時間だった。搭乗ゲートに一番近い吉野家で最後の日本食を、うちらが乗る飛行機の美人CAに見惚れながら、食った。すけべ心ってのはやっぱりグルーブ高めるんだな。

なんやかんやで8時間くらい?かかって到着。天気のせいで遅れて到着。税関手こずる。荷物出てこない。など、タイの洗礼を受けながらなんとか入国完了!

f:id:kokkekke:20170601104603j:imagef:id:kokkekke:20170601104633j:image

 タイのイベントチーム"GOODERS"と合流。空港の外はめちゃめちゃ暑くて、修行かと思った。黙って立ってるだけで汗がダラダラ出てくる感じです。

GOODERSのみんなを軽く紹介しときます。

f:id:kokkekke:20170601105819j:image

Prow (右から4番目 扇子)

女社長 ツアーのきっかけをくれた子

Drive (1番左 パラソル)

The DriversのVo.でProwと一緒のリーダー格

Dew (左から4番目 上裸ハンズアップ)

Driveの兄貴で同じバンドでKey担当 ウケる

Proy (右から2番目 ダブルピース)

Prowの妹 元気いっぱいでムードメーカー

Smile (右から3番目 サングラス)

名前の通り笑顔が素敵でみんなの癒し系

Nan (1番右 サングラス)

ずっしり構えてる系女子 頼りになります

 

基本はこの6人。この後の話にも出てくるので覚えといて。まあ無理か。でもなんとなく想像して読んで。とにかくみんな良いやつ過ぎて恐縮するくらい。

 

初日はとにかく移動移動。BangkokからHua-Hinというビーチに向かう。そこで野外イベントでライブさせてもらえるという流れのはずが、飛行機の遅れと渋滞ともろもろで、ギリギリ間に合って2曲ずつ演奏させてもらいました。

f:id:kokkekke:20170601110544j:image

ほんでまたすぐ移動!初のタイ飯!

f:id:kokkekke:20170601110621j:image

打ち上げ的なね。あ、この手前の太ってるのがBallというPAの子で、めっちゃ良い音をこのツアー中ずっと提供してくれたナイスガイ。笑い方がめっちゃウケる。

すぐ移動!

初日の宿泊場所へ。

f:id:kokkekke:20170601111008j:image

f:id:kokkekke:20170601111249j:image

これは朝だけど、最高の場所でした。

みんなでよる遅くまでビール飲んで、言葉通じにくいなかインディアンポーカーやって、もちろん僕ら日本人同士もこの一夜でかなり仲良くなった。長いツアーの始まりがこういう始まり方でよかった。僕らは最高のスタートを切れた。

 

これがまだ1日目。やばい。思い出すことがたくさんあり過ぎて、まとまらねえ。笑

 

でも全部書くね。なんとか。

とりあえず①はこれで終わり。

To Be Continued.....

f:id:kokkekke:20170601111509j:image

タイと俺。

チャチャイさんとトンチャイさん。

 

これが恐らく俺の人生の中での、初めてのタイとのファーストコンタクト。5歳くらいの時。うちにホームステイしに来たチャチャイさん。そしてそのタイミングで知り合いの家に来てたトンチャイさん。もはや記憶も曖昧だし、母親に言われなかったら思い出すこともなかったかもしれない。タイとは何か?と問われたらチャチャイさんとトンチャイさんだった。

 

今週土曜日の朝、俺はタイに歌を歌いにツアーに行く。こうして、いわゆる、オフィシャルに海外で歌うのは初めてだから、ワクドキである。

 

系列店であるTHREEというライブハウスが、俺の働いているBASEMENTBARの隣にある。タイのYouTube番組のディレクター?から日本のライブハウスを取材したいとのメールが届いた。そもそも"ライブハウス"という文化が日本独特のものだ、ということで、そのシステムや内容に関して興味があるとのことで、英語がある程度話せる俺が対応することになった。

 

取材、いわゆるインタビューを外国語で答えるっていうのはとても緊張した。変なこと言えないなと。タイの人だったけど、英語ではなしているときに、英語ってすげえなーって思ったし、タイ語を話せない自分を悲しんだ。

 

"タイのバンドを日本でライブさせてあげたいんだけど、誰に相談したらいいか?"

と質問されて、すぐに出演してもらうことにした。なんつうか、タイミングってか、縁、というか。そういうやつじゃん。と思って。

 

ちょうど一年前くらいの2016年6月に、タイのバンド The DriversというバンドをBASEMENTBARに招いた。日本の大学生にパッタイのフードの出店を頼んだ。自分も出演した。とっても素敵な夜になった。今度はタイに呼ぶね、と言ってくれた。社交辞令的な、アレかと思った。

 

そんなこともあったなー、くらいに思ってたし、タイといえば、パクチー!と即答する俺になってきた頃、メールが届いた。

 

"そういえば、こないだ話したタイのライブの話なんだけど"

 

素直に嬉しかった。社交辞令なんて、日本だけじゃん、って思ったしやめなきゃって思った。

俺は即答。イエス。アイドゥラブトゥ。当時バンドで動いていたので、メンバーにも相談。曖昧な答えのままバンドは解散したので、ソロで行くことが決まった。タイのみんなはソロでもいいからきて欲しいと言ってくれた。最高だ。

 

そんなこんなで明後日のこの時間には俺はタイにいるんだ。小さいきっかけで繋がったことが、どんどん膨らんで大きくなっていくのはすごく嬉しい楽しい大好き。まさにDREAMS COME TRUE

 

 

絶対、象に乗ってくるね。

 

 

 

最高な君、最高な俺。

久しぶりに会う人と話をすることで、今の自分の存在意義を再認識することがある。"ああ、今日こうして一緒にコーヒーを飲むために、今日まで生き延びて来てよかったな"と、大げさに言うとそんな感じ。

今日5〜6年前の下北沢で対バンしたBasil(今はもう解散してしまった)という札幌のバンドのベーシストだった越智くんと、下北沢でコーヒーを飲んだ。きっかけはツイッター。タイムラインに流れて来たツイートから彼のアカウントにたどり着いた。最初は自信なかったけど、名前に"ファンク"と入っていたので間違いないと思った。フォローしてフォローバック。DMしてLINE交換。お互い興奮してたんだと思う。スムーズに事は進んだ。

f:id:kokkekke:20170405233436j:image

南口に着いて、お互いを認識。スライのFreshを聴いてたイヤホンをむしり取って、抱き合った。アメリカかよって思ったけど、全然恥ずかしくなかった。たぶん向こうもそうだと思う。

ちょっと歩いてランチセットを頼んだ。"トゥデイズパスタ"はツナとマッシュルームのトマトソースだった。俺はカルボナーラを、越智くんは"トゥデイズパスタ"を頼んだ。セットのアイスコーヒーは先にもらった。

2011年の3月、下北沢club251で対バン。2011年9月、うすしお企画で新宿JAMで対バン。2012年4月札幌SOUND CREWで対バン。思い出せる範囲(めっちゃググった)で、それ以来の再会だった。札幌の打ち上げで食べた油そば屋の名前を思い出せてよかった。(米風亭)

"今だから言えるけど、俺初めてうすしお見た時泣きましたもん!"

出た!"今だから言えるけど"のやつ!ずるいやつ!このパターン!だったらその時言えよ!と思うけど、大体いつも言われて嬉しいやつ!

当時21歳とか22歳とかそのくらいの時に見たBasilとなかにしりくトリオ(Basilがバックバンドのなかにしりく君のバンド)は本当にセンセーショナルだった。同世代のバンドでこんなに上手くて音楽的に豊かでかっこいいバンドいるのかよ!悔しいけど嬉しい!そんな感じだった。

お互いにそうやって感じ合えてたのはとても嬉しかった。それがこうして改めて、下北沢で、共有出来たのも、嬉しかった。

昔の話も大概に、今のお互いの音楽の話をしたり、札幌には帰ってる?とか、こないだ俺札幌行ったなーとか、東京には慣れないっすとか、やっぱ歌は言葉だよなーとか。色々話した。

こっけんろーるの解散後のことは、このブログでは何も触れてなかったけど、1人でやるってのはやっぱり大変で。その分やりがいがあるし楽しいけど。でもその大変さってのは、それぞれがちゃんと乗り越えていかなきゃいけないもんだし、音楽を色んな人と一緒にやるには、1人で自分の音楽に向き合うことは欠かせないことなんだなーと。2人で話して、出て来た結論。頑張ろうぜ、という極論。

冒頭でも書いた、自分の存在意義の確認。それって久しぶりに会う人との話に限らず、日々、周りにいる人達との関わりの中で、できることなんだな。毎日顔合わせる人や場所。それらを必要としている時、向こう側から見ても、必要な自分なんだ。というか、そうあって欲しい。そして最高であって欲しい。最高なあなたでいてもらうために、最高な俺でなくてはいけない。そして最高な俺であるために、あなたも最高であってくれ。そういうことだった。

 

越智君を下北沢の駅まで送って"今度は家に遊びに行くね。たくさん音楽を聴こう。"と約束した。改札に入る背中を見送りながら、有意義な時間だったなってのと、俺も"トゥデイズパスタ"にすれば良かったなと、思った。

 

春ですね。

下北沢にて

日が変わって(しまった)、今日、12/3は"下北沢にて"という都市周遊型サーキットフェスに出演する。

このイベントはTHEラブ人間というバンドが始めたもので、今では本当に大規模に色々な人を巻き込んで開催しているイベントだ。下北沢を中心に活動しているバンドにとっては、少なくとも僕にとっては、憧れのイベントだ。職場の先輩でもあるTHEラブ人間のオンドラムス服部健司が身近な距離にいるということが、僕にとっての"にて"をスペシャルなイベントにしている1つの要素であることは間違いないと思う。

THEこっけんろーるBAND名義で出演したのは去年が初めてだった。本当に嬉しかった。冗談半分、いや冗談1割くらいで、2年間くらい健司さんや他のメンバーに『日程は空いてるんでいつでも誘って下さい。100人呼べばいいんすよね?』みたいな話をずっとしてた僕は、最初に誘われた時に本当に信じられなかったっす。あ、敬語になってしまった。

下にて初出演、下北沢デイジーバー。想像以上に集まってくれた人達に驚いた。とても楽しく演奏できた。忘れがたい、一日だった。

解散が決まって、THEラブ人間"俺の親友"ツネモリサワ氏にお誘い頂いて、今年もギリギリ、出演が決まった。いろんな意味でギリギリだね。出たくない時なんてないのに。本当にありがとうございます。あ、また敬語になってしまった。

お神輿を担いで下北沢を練り歩くパレード、流しそうめんをしながら弾き語りの"流し"が現れる島フェスコラボステージ、グッバイのナカヤマとラヂカセのヒデさんとやるスリークールキャッツ(今年はプププのタツヤくんと別のユニット)も、どれも楽しくやらせてもらってる。でも、やはり、自分のバンドでのライブが、1番楽しい。それは解散が決まってても、この名義で最後の下北沢にてかもしれないけど、変わらない。自分のバンドのライブが、1番みて欲しい。

粋な計らいなのか、行き過ぎた愛情なのか、分かりませんが、僕らは今年の下北沢にて、トリをやらせてもらう。もちろん、THEラブ人間と出番がかぶってる。他も然り。なんじゃこりゃ!やべえ!って正直思った。けどやるしかない。いつだって最初で最後。初めて見たのが下にてで最後でも良いし、最後に見るのが下にてでもいいよ。なんでもいい。見に来てくれたら、たくさん汗かいて、一生懸命歌うね。

明日(今日だけど)街ですれ違ったなら、声をかけてくれ。楽しそうな顔で話かけてくれ。心配はご無用さ。こっけはとても前向きだから。楽しい話をしよう。未来の話をしよう。SNOWで写真撮ろう。お祭りなんだからね。悲しい気持ちはいらないよ。そこんとこよろしくね。

俺の最後の下北沢にては、パレードから始まるよ。(嫌がられても来年も出るけど) 無料ステージのところに正午に集合ね。

 

たまたま同じ日に、ワンマンライブがある、シンガロンパレードとハラフロムヘルの成功も願ってます。行けなくてごめんね。

 

良い一日に、しよう。

 

 

こっけ